• お問い合わせフォーム
  • ご来院予約フォーム

インターネット(24時間)お電話(診療時間内)での手術予約も可能です。
外来の予約は必要ありませんので、直接クリニックへ診療時間内にお越し下さい。
06-6311-5400

  • 診療時間 お仕事の休み時間や通勤の合間にも
  • アクセスマップ 梅田から徒歩5分
  • 院長挨拶 女性の為に、
開設いたしました。
  • スタッフ紹介 私達がお待ちしています。
  • 院内設備 プライバシーに配慮した落ち着いた空間です。
  • よくあるQ&A 病名や症状などのご質問を掲載

手術カレンダー

これは外来診療のカレンダーではありません

カレンダーの赤以外は手術受付しております。

人工妊娠中絶 手術までの流れ

中絶手術は約20分ぐらいで、静脈注射による麻酔で用います。したがって、痛みを感じるとか、苦しいなどの症状はありません。
当院では、朝、食事せずに来院していただき、術後、麻酔が覚醒したら、その日のうちに帰宅していただきます。病室は完全個室です。

中絶手術日程

中絶手術は診療日であれば、毎日おこなっていますが、当日診断(内診及び超音波)、当日中絶手術(日帰り)は原則的に行っていません。術前に一度きていただいて、中絶手術日を決めて、その際、中絶手術同意書をお渡ししますの で、手術当日もってきてください。最低で、2回の受診が必要です。ただ、遠隔地であったり、時間的な制約でやむをえない場合は、メールあるいは電話でご相談ください。
安全で迅速なリーズナブルな日帰り中絶手術を実施しております。内診を含めほぼ無痛で診察いたします

  • お電話にて予約受付中 06-6311-5400

中絶手術についてのご説明について

人工中絶手術は、パートナーとあなたのお二人の同意のもとに成立いたします。
お二人でよくご相談の上、中絶手術のご予約をなさって下さい。
パートナーとご一緒にご来院していただき、お二人で説明をお聞き下さい。パートナーと一緒にご来院できない場合は同意書をご持参ください(同意書についてはお電話にてお問合わせください)。

中絶手術前に十分なご説明をさせていただきます。不安や疑問を解消した上で中絶手術をお受け下さい。 当クリニックでは十分なインフォームド・コンセントを徹底しております。 電話によるご説明は十分なインフォームド・コンセントではございませんので当院では実施しておりません。

中絶手術前には、患者様の特異体質や常用しているお薬などを含めた問診及び診察をしており、より安全な施術を実施しております。
最近、妊娠週数が大きくなってからの方のご来院が増えております。
この様な場合の中絶手術は母体への負担が大きくなります。
中絶手術をお考えの方は、出来るだけお早い受診をお願い致しております。

中絶手術までの流れ

中絶手術までの流れをご説明いたします。
清潔な院内で手術を行い、中絶手術後の休息も清潔な回復室をご利用いただけます。

中絶手術前日

中絶手術は全身麻酔で行う為、中絶手術開始の6~7時間以上前から絶飲絶食して頂く必要がございます。
※安全な中絶手術の為、手術前の注意事項は必ずお守り下さい。
※絶飲絶食では水やガム・フリスク(清涼菓子)・飴・常備薬・喫煙等、全てご飲食頂くことは出来ません。

術前処置について

当院では7週を超えた中絶手術に対して、手術2時間前にラミセルという子宮の入り口をゆっくり安全に拡張する器具をいれる前処置をおこなっています。
この前処置について、インターネットをふくめた外部の誤った情報などから、極端に怖がられる方がいらっしゃいますが、10年前の拡張器具と異なり、現在使用している拡張器具では、痛みはほとんどありませんので心配ありません。7週以前の中絶手術に対しては原則前処置はありません。

検査について

問診

アレルギーや特殊体質、甲状腺機能異常やぜんそく発作既往について問診いたします。

血液検査

血液型RH(-)等の希少な血液の方や肝炎など感染症を疑われた場合は、精密検査後に手術を実施致します。持病等がある方は事前にご連絡下さい。

常用薬のご確認

安定剤やステロイド剤、甲状腺剤やぜんそくなど、常用薬がある場合は事前にお知らせ下さい。中絶手術後、当医院よりお薬をお出しすることがあります。薬の種類によっては、常用薬と併用することが難しい場合がありますので、安全の為に常用薬をご使用の方はご持参下さいますようお願いいたします。

中絶手術について

当院では、朝、食事せずに来院していただき、術後、麻酔が覚醒したら、その日のうちに帰宅していただきます。病室は完全個室です。

中絶手術は約20分ぐらいで、静脈注射による麻酔で用います。全身麻酔同様、意識がないので、痛みを感じるとか、苦しいなどの症状は基本的にはありません。
ただ、生理痛が極端に強い方や、子宮の形の屈曲の強い方などで、術後に生理痛のような痛みを感じる場合がありますが時間とともに軽快していきます。
また、術後数日間、子宮が収縮する際の痛みを感じることもありますが、子宮が収縮し止血する目的とともに、もとの大きさにもどる過程で起こることなので基本的に心配はありません。
麻酔覚醒時に吐き気があることがありますが、時間とともに軽快します。

中絶手術後について

術後、1~2週間くらいは生理のような出血がみられますが、子宮の形や収縮のしかたには個人差がありますので、出血の期間については短いこともあれば長引くこともあります。

中絶手術後の諸注意について

退院時の中絶手術後の諸注意は必ずお守り下さいます様お願い致します。退院時の諸注意は、麻酔から完全に覚醒後、詳しく説明させて頂いております。

生活について

中絶手術後のお食事は、通常通りで問題ございませんが、お酒・タバコ・刺激物については2~3日はお控え下さい。
妊娠初期での中絶手術は体への負担が少なく、中絶手術後に極端に強い痛みを伴うことは稀なので、一般的には翌日より通常の勤務は可能であると考えられます。
授乳なさっている方に中絶手術後の授乳方法についてご説明させて頂いております。

このページの先頭へ