• お問い合わせフォーム
  • ご来院予約フォーム

インターネット(24時間)お電話(診療時間内)での手術予約も可能です。
外来の予約は必要ありませんので、直接クリニックへ診療時間内にお越し下さい。
06-6311-5400

  • 診療時間 お仕事の休み時間や通勤の合間にも
  • アクセスマップ 梅田から徒歩5分
  • 院長挨拶 女性の為に、
開設いたしました。
  • スタッフ紹介 私達がお待ちしています。
  • 院内設備 プライバシーに配慮した落ち着いた空間です。
  • よくあるQ&A 病名や症状などのご質問を掲載

手術カレンダー

これは外来診療のカレンダーではありません

カレンダーの赤以外は手術受付しております。


性器ヘルペス

単純ヘルペスウイルスによる感染で、感染の機会があって3~5日後に発症することが多いようです。比較的突然に外陰部に水疱や潰瘍を形成し、疼痛が強く、また6~7割で発熱や全身倦怠感もみとめられます。両側の鼠径リンパ節の腫れと痛みがあります。水疱が消えた後も、下肢の痛みやだるさが残ることもよくあります。 ヘルペスの治療は、アシクロビル、バラシクロビルなどの内服治療ですが、初発の場合は7~10日、再発の場合は3~5日ほどの内服が必要です。 再発を年6回以上繰り返すような場合は、再発抑制療法として、バラシクロビルを毎日1錠、6か月から1年続けるという治療があります。これにより再発を減らし、ウイルスの排出も減少させるとの報告があります。

このページの先頭へ